西村交益社つるぎ会館に葬儀はお任せください西村交益社つるぎ会館に葬儀はお任せください

お葬式の知識

家族葬とはどのような葬儀? 流れや選ばれる理由についてご紹介|養父市八鹿町の葬儀社  西村交益社

親族や生前親しかったご友人を交えて行う小規模な葬儀である家族葬。一般葬とはどのように違うのでしょうか。今回の記事では家族葬の費用や流れ、参列者の範囲など気になる点や疑問点を解説いたします

目次

家族葬とは

家族葬とは、身内や親族などのごく近い間柄のみで行われる葬儀形態を指します。場合によっては、生前親しくしていた友人や隣保の方が参列されることもあります。一般葬と比べると小規模ではありますが、故人様との最後時間をゆっくりと過ごせるという特徴があります。

家族葬が選ばれる理由

家族葬が人気な理由はいくつかありますが、ここでは代表的な3点をご紹介します。

故人様との最後の時間をゆっくり過ごすことができる

家族葬の場合、参列される方が親族や生前親しくしていた友人に限定されるため、一般の参列者に対する挨拶など、気を配る必要はなくなります。 また、家族葬の場合はあらかじめ参列者を予測することができるため、準備による負担も少なく、故人様との最後の時間を少人数でゆっくりと過ごすことが可能になります。

見積もりとの差異が生じにくい

一般葬に比べると家族葬では、参列する人数の予測が立てやすいため、返礼品や当日の仕出し料理などの数が大幅に変更されることはほとんどありません。そのため、葬儀前にあらかじめ葬儀社から提案のあった見積額との差異が生じにくいというメリットもあります。

家族葬をする際の注意点

家族葬を検討する場合は、次の注意点についてもあらかじめ確認しておきましょう。

参列したかった方のお気持ちを汲んであげられない可能性がある

故人様に最後の挨拶をしたいと思っている方のお気持ちを汲んであげられない可能性が生じます。参列したいというお気持ちがある方に対しては事前に、「故人様の意思にて家族葬にて執り行う」という旨を伝えておきましょう。

一般葬に比べると費用負担額が高くなる場合がある

家族葬の場合、参列者が限られるため香典額が減るのが一般的。そのため、一般葬に比べると実質的な葬儀費用負担が増えてしまいます。

家族葬の流れ

葬儀前

・ご逝去
・搬送 安置
・葬儀社との打ち合わせ
・湯灌の儀 納棺

お通夜

・お通夜

葬儀・告別式

・葬儀 (告別式〜精進落とし)

上記は一般的な家族葬の流れになります。宗教や宗派によっても変化しますので、目安としてご確認ください。

ご逝去

故人様が息を引き取られましたら医師より死亡診断書が発行されます。あらかじめ、葬儀社が決まっている場合は、このタイミングで連絡をするようにしましょう。西村交益社含め葬儀社は24時間365日対応していますので、深夜、早朝を気にせずお申し付けください。葬儀社が決まっていない場合は、病院から紹介されることもあります。

搬送 安置

連絡を入れた葬儀社が故人様をお迎えに指定の病院や老人ホームなどの施設に向かいます。法律で禁じられているため、死亡後24時間が経過しなければご遺体を火葬することはできません。葬儀社の霊安室または、ご自宅での安置が必要となります。

葬儀社との打ち合わせ

葬儀の日程や会場、プランなどを葬儀社と打ち合わせを行います。葬儀に関して不安な点、疑問点も多くあるかとは思います。気になることはお気軽に弊社スタッフへご相談ください。

湯灌の儀 納棺

湯灌の儀とは、納棺の前に故人様の体を清め、旅支度を整えること。湯灌の儀が終わりますと、故人様を納棺致します。納棺の際、故人様が愛用していたもの、旅立ちの際に持っていってもらいたいものを「副葬品」として棺に入れることができます。
副葬品がある場合は、あらかじめ準備しておきましょう。ビン、ガラスなどの不燃物やスプレー缶、ライターなどの爆発する恐れがあるものなど副葬品として入れていただけないものもありますので、一度弊社スタッフへご相談していただくことをオススメします。

お通夜

お通夜は葬式の前日に行われます。「受付→開式→読経・焼香→喪主挨拶→通夜振る舞い」のように式が進んでいくのが基本的な流れです。18時~19時の間にスタートするのが一般的です。喪主やご遺族は、葬儀社との準備や打ち合わせがありますので受付開始時間の1時間半前を目安に到着しておくようにしましょう。
お通夜の所要時間は30分から1時間程度となります。

葬儀 (告別式〜精進落とし)

葬儀は「受付→開式→読経→弔辞・弔電→焼香→閉式→出棺→火葬→収骨→精進落とし」のように進んでいくのが基本的な流れになります。葬儀の開始時間は火葬場の予約時間から逆算して決定しますので、当初決めた葬儀開始時間を変更することはできません。
また従来、初七日法要後に行われていた精進落としを葬式当日に行うケースも近年増えてきています。

家族葬はどこまでご案内をする?

家族葬は親族以外に参列のご案内をしても問題ありません。どなたまでに案内を出すかでトラブルに発展してしまうこともありますので、ご遺族間でしっかりと話し合うようにしましょう。
以下は参列者範囲の目安となりますので、ご参考ください

■10名程度・・・ご遺族のみ
■30名程度・・・ご遺族と親戚
■30名以上・・・ご遺族、親戚と隣保(あるいはご友人)

但馬地方(養父市・日高町・出石町・香美町村岡区)の家族葬は西村交益社にお任せください

身内や親族などのごく近い間柄のみで行われる葬儀形態である家族葬ですが、生前親しかったご友人や隣保の方に参列の案内をしても問題ありません。弊社では、「最後の感謝を、最良の感謝に」をコンセプトに、ご遺族、故人様の意向に沿った家族葬をご提案いたします。
弊社は養父市を中心に、豊岡市(日高町・出石町)、香美町村岡区など但馬地方の葬儀を執り行っております。現在弊社には、葬儀ディレクター8名、お墓ディレクター2名、動物葬祭ディレクター、相続士、遺品整理士、ファイナンシャルプランナーなどの優秀な有資格者が在籍しており、あらゆるご相談に的確にお答えしています。
葬儀にまつわる事前相談、アフター相談について平日はもちろん、土日や夜間も対応しております。葬儀について不安点や疑問点がある方はいつでも、お気軽に西村交益社にご相談ください。

その他コラム

2021/06/05

葬式・告別式での喪主・親族挨拶の例文、マナーをご紹介

2021/05/10

香典の渡し方・香典袋の選び方や表書など香典に関するマナーを紹介

2021/04/25

お葬式の際の気になる子供の服装マナーを解説

2021/04/13

お葬式の際の気になる女性の服装マナーを解説