西村交益社つるぎ会館に葬儀はお任せください西村交益社つるぎ会館に葬儀はお任せください

お葬式の知識

【子供編】お葬式(お通夜・告別式)に参列する際の服装とは?

ikebana funeral.jpg

小さなお子様がお葬式に参列する場合、親として気になるのは服装について。実は、お子様がお葬式に参列する場合は、喪服を着るのではなく学校指定の制服を着用するのがマナーとなります。では、指定の制服がない場合はどうなるのでしょうか?今回は葬式の際の子供の服装マナーについて解説します。

 

お問い合わせ 

 

お葬式での子供の服装とは

お葬式での子供の服装は、通っている学校に制服が有るか無いかで大きく異なります。

 

制服がある場合

喪服

学校の制服

靴下

黒色

 黒色の革靴

 

お子様が通っている学校に制服が有る場合は、制服がお葬式での服装となります。ですので、幼稚園生から高校生のお子様の場合は、喪服を用意するのではなく、制服の着用しましょう。

 

ただし、学校指定のネクタイやリボンが赤や水色などカジュアルな印象を与えてしまう色の場合は、外すようにしてください。

靴下や靴のマナーは大人と同様ですので、黒色の靴下と黒色の革靴を選ぶようにしましょう。小さなお子様で革靴を準備できない場合は、黒色や紺、グレーなどのシンプルなデザインのスニーカーで代用しても問題ありません。

 

制服がない場合 

■男の子の場合 

シャツ

白色

 

ズボン

黒色

紺色

グレー

靴下

黒色

黒色の革靴

 

■女の子の場合 

シャツ

白色

 

ズボン・スカート

黒色

紺色

グレー

靴下

黒色

黒色の革靴

 

学校指定の制服がない場合は、できるだけシンプルな素材・デザインで、きれいめな服装をするようにしましょう。ただし、小さなお子様の場合、しっかりとした窮屈な服装では葬儀中にグズりが起きてしまうことも。ですので、以下のポイントを避けていれば着慣れた服で参列していただいても構いません。 

 

<子供の服装で避けるべきポイント>

・キャラクターがデザインされた服

・音が鳴る靴

・光沢のある素材の服

・くるぶし丈の靴下

・リボンなどの華やかなデザインの髪留め

 


 

 

お子様のお葬式の服装は、学校の制服で問題ありません

お子様がお葬式に参列する際の服装は、学校の制服となります。ただし、カジュアルな印象を与えてしまうネクタイやリボンが指定の場合は、外すようにしましょう。また、制服がない学校に通われている場合は、シンプルな素材・デザインの服で制服に似せた格好をするようにしましょう。小さなお子様にとっては、長時間の葬式は初めての経験となります。綺麗目な服装にこだわりすぎるとグズってしまう原因ともなりますので、注意点を避け着慣れた服で参列していただいても問題ありません。

 

弊社は養父市八鹿町を中心に、豊岡市(日高町・出石町)、香美町村岡区など但馬地方の葬儀を執り行っております。現在弊社には、葬儀ディレクター8名、お墓ディレクター2名、動物葬祭ディレクター、相続士、遺品整理士、ファイナンシャルプランナーなどの優秀な有資格者が在籍しており、あらゆるご相談に的確にお答えしています。

 

葬儀にまつわる事前相談、アフター相談について平日はもちろん、土日や夜間も対応しております。葬儀について不安点や疑問点がある方はいつでも、お気軽に西村交益社にご相談ください。

西村交益社の無料相談について詳しくはコチラ

 

お問い合わせ 

 

その他コラム

2021/06/05

葬式・告別式での喪主・親族挨拶の例文、マナーをご紹介

2021/05/10

香典の渡し方・香典袋の選び方や表書など香典に関するマナーを紹介

2021/04/25

お葬式の際の気になる子供の服装マナーを解説

2021/04/13

お葬式の際の気になる女性の服装マナーを解説