西村交益社つるぎ会館に葬儀はお任せください西村交益社つるぎ会館に葬儀はお任せください

お葬式の知識

香典とは?香典の渡し方・香典袋の選び方や表書きなどマナーを解説

kouden.jpg

お通夜やお葬式に参列する際に持参する香典。この香典には、渡し方や香典袋の選び方、表書きにマナーがあります。突然の訃報でも慌てないようにあらかじめマナーを確認しておきましょう。

お問い合わせ 

 

香典とは

香典とは、通夜や葬式の際に線香、花の代わりに霊前にお供えするお金のことを指します。香典をお渡しする際は、香典袋(不祝儀袋)に入れておきます。通夜から参列する場合は、通夜でお渡しするのが一般的です。

 

香典袋の選び方と表書き

香典袋の書き方、用意する香典袋は、宗教や宗派によって異なります。

 

■仏教の場合

仏教の場合は、黒白、双銀、双白の水引が付いている香典袋を用意しておきましょう。表書きには、「御香典」「御霊前」を使用します。ただし、浄土真宗の場合は「御霊前」ではなく、「御仏前」を使用します。「御香典」であれば、どの宗派でも問題ありませんので宗派について不安がある場合は、「御香典」と表書きをすることをオススメします。

 

■キリスト教の場合

キリスト教の場合は、十字架や白ユリが描かれている白い封筒を香典袋として用意しておきましょう。水引は不要ですので、仏教のものを代用するのではなく、キリスト教専用の不祝儀袋を選びましょう。表書きは、カトリック・プロテスタントとともに「御花料」となります。

 

■神道の場合

神道の場合は、仏教同様に黒白、双銀、双白の水引が付いている香典袋を用意しておきましょう。表書きは「玉串料」となります。

 

香典の渡し方とは

香典を不祝儀袋のまま持参して、お渡しするのはマナー違反となります。必ず、袱紗に包んでおくようにしましょう。弔辞の際の袱紗は、紺色、紫色、深緑色などの寒色系となります。

 

香典の袱紗の包み方

fukusa.jpg

①ひし形の状態に広げる

②中央に不祝儀袋を置く

③右→下→上の順にたたむ

④左側を最後に折り、端を裏側に回す

 

香典を渡すタイミング

香典は受付で渡すようにしましょう。受付係の方の指示に従い記帳を済ませた後に、「この度はご愁傷様です」と一言述べてから、袱紗を取り出しお渡しします。この際、受付係からお盆を差し出される場合があります。その場合は、お盆の上にのせて差し出すようにしてください。

 

香典袋の選び方・表書きは宗派・宗教によって異なります

お通夜やお葬式に参列する際に、ご霊前に供える役割を持つ香典。香典袋の選び方、表書きは、仏教、キリスト教、神道など宗教によっても大きく異なります。また、参列する際受付で、「この度はご愁傷様です」と言葉をかけてお渡しするものですが、香典袋のまま渡すのはマナー違反。必ず袱紗に包み持参するようにしましょう。

 

弊社は養父市八鹿町を中心に、豊岡市(日高町・出石町)、香美町村岡区など但馬地方の葬儀を執り行っております。現在弊社には、葬儀ディレクター8名、お墓ディレクター2名、動物葬祭ディレクター、相続士、遺品整理士、ファイナンシャルプランナーなどの優秀な有資格者が在籍しており、あらゆるご相談に的確にお答えしています。

 

葬儀にまつわる事前相談、アフター相談について平日はもちろん、土日や夜間も対応しております。葬儀について不安点や疑問点がある方はいつでも、お気軽に西村交益社にご相談ください。

西村交益社の無料相談について詳しくはコチラ

 

お問い合わせ  

その他コラム

2021/06/05

葬式・告別式での喪主・親族挨拶の例文、マナーをご紹介

2021/05/10

香典の渡し方・香典袋の選び方や表書など香典に関するマナーを紹介

2021/04/25

お葬式の際の気になる子供の服装マナーを解説

2021/04/13

お葬式の際の気になる女性の服装マナーを解説